切らずに済む手術

整形治療

「フェイスリフト」は、糸を使用した方法が主流になっています。メスを使用する手術に比べると、腫れと痛みが少ないのがこの方法の特徴です。はりのある美しい肌を持続させるには、繰り返しおこなう必要があります。

詳しくはコチラ

目尻のシワを消す治療法

麻酔

顔にできるシワの中で目立つのが目尻のシワです。年齢と共にシワができるのは自然の摂理ですが、若い頃からケアをすることで目立たなくできます。肌の乾燥を防ぐと予防効果があり、ビタミンCや鉄分のある食事を増やすことが大事です。できてしまったシワを消すにはフェイスリフトという手術が最も持続効果があります。

詳しくはコチラ

たるみを引き上げる

カウンセリング

加齢や重力、さらに生活環境の中での癖などによって、顔全体がたるみやすく、老けた印象を作り出してしまいます。近年、たるみを引き上げるフェイスリフトと呼ばれる整形術として、溶ける糸を使った術式が評価されています。

詳しくはコチラ

様々な方法が選択できます

麻酔

信頼のおける医師を探す

加齢に伴って、多くに人が悩むのがたるみです。コラーゲンの減少によって肌はどんどんハリが失われ、重力に逆らえなくなります。このため、人相を変化させるほどのたるみに悩まされる人も多くいます。最近では美容形成外科などで、フェイスリフトの手術を受けるひとが増加しています。メスを使用しないで糸で釣り上げる方法なども開発されたため、体に負担をかけずにフェイスリフトが可能になりました。しかしながら、手術を行う場合には経験や技術が信頼のおける美容形成外科で行わないと、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。フェイスリフトを行う場合には信頼のおける医師やクリニックを探すことが最も重要と言えます。また、手術後のケアなども充実しているところを探すことが大切です。

自分に合う方法

現在、フェイスリフトを行う方法はたくさんあります。ひと昔前まではメスを使う手術が主流でしたが、近年ではメスを使用しない方法のほうが多く扱われるようになりました。糸を注入する方法や高周波やレーザー治療など選択肢が豊富にあります。これらの方法はダウンタイムが少なく体への負担も軽減できるため多く利用されています。糸によるフェイスリフトは多く利用されていますが、医師の技術や施術方法によってはあまり効果がみられなかったり、持続性に乏しい場合もあるため、施術前のリサーチが大切になります。しっかりと方法を知ることで、自身に一番合うフェイスリフト法を取り入れることができます。また、メスを使用する方法であっても、傷あとなどのケアをしっかりしてくれるクリニックで行うことが大切です。

顎のラインが綺麗になる

顎のラインがシャープになり年齢肌が解消されるフェイスリフトは、施術後にフェイシャルトリートメントを受けると良いと言われていることを知っていますか?施術でしわやたるみを解消できることは間違いありませんが、顔筋やリンパに沿って行なわれるフェイシャルトリートメントやフェイスパックをプラスアルファすることで、さらにアンチエイジング効果を高めることができます。スキンケアの方法が分からない時やしわやたるみをキレイに取り去りたい時に、利用してみましょう。